ETC 割引 平日

高速道路が1000円で乗り放題!? TOP > 平日のETC割引との違い

平日のETC割引との違い

土日祝日ETC利用で1000円となりましたが、このほかに平日でも割引があります。平日のETC割引はよくわからないという方に、内容をご紹介します。

土日祝日の高速料金1000円で、ETC車載の軽自動車か普通自動車が対象ということで、ETC需要が非常に高まっています。

ただ、2年間の期間限定ということもあり、「2年間でETCの料金を回収できるほど土日に高速道路を使うだろうか?」」と迷うケースも。

確かに、喜びいさんでETCをつけたのに実際にはさほどお得じゃなかった、となる心配があっては二の足を踏みますよね。

でも実際には、平日でもETC割引は実施されているのです。


内容としては、大阪・東京以外の通勤割。こちらは6時~9時の朝と、17時~20時までの夜に一回100キロ以内の走行を対象として割引が行われます。ただし、朝と夜両方ではなく、最初に走ったほうのどちらかが割引対象となります。

逆に大阪・東京だけを対象としているのが早朝・夜間割で、こちらは大都市近郊エリアを22時から翌朝6時までに料金所をETCで通過した場合に最大で半額まで割引されます。

このほか、地方部限定の平日昼間割引もあり、9時~17時の間に100キロ以内の走行距離であれば、車両一台につき2回まで適用され、最大30%割引。


気をつけたいのが、どれか対象となるサービスが重複した場合には両方が適用されるわけでなく、割引率の高いほう1つだけ、という計算になることです。

平日夜間にも似たサービスはありますし、また走る区間によって適用が異なるので、できれば自分で走る前に調べておくといいですね。

サイトによっては、平日のETC割引の色々な内容を早見表にしてくれているところもありますから、そういうサイトがおすすめです。

2017年10月18日21時21分34秒最終更新

人気のETC車載器をチェック!

売れ筋ETC車載器が勢揃い!

激安ETC車載器からセットアップ込みまで、やっぱり売れているからには理由があります。ETC車載器をまだ購入していない方は要チェックですよ!

売り切れ前にGETしましょう!

» ETC車載器ランキングをチェック